edoi's Sprout

アクセスカウンタ

zoom RSS 2010年F1第3戦 マレーシアGP決勝

<<   作成日時 : 2010/04/04 21:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

結局、雨が降ることなく終わった決勝。
デ・ラ・ロサがレコノサンスラップでエンジントラブルによりグリッドに着けず。
後方に沈んだフェラーリ2台はプライム、
マクラーレンは、ジェンソンがオプション、ハミルトンがプライムと分かれる。

スタート、7番手バリチェロが出られず、そのうしろの可夢偉が避けて前へ。
ベッテルが先行し、ウェバーが続く。

ハミルトン、4周目には可夢偉を抜いてポイント圏内の10位に。
マッサ、アロンソ、ジェンソンは、ブエミに押さえられた状態。

ペトロフの前に出て、ホームストレートで激しくウェービングするハミルトンに、
そんなに何回も進路変更していいの? の声(^_^;)
チームに注意が来たらしいです。

9周目、可夢偉が白煙を上げてストップ? エンジン?
10周目にジェンソンピットイン、プライムへチェンジ。早いな。
ミハエルもスローダウンしてリタイヤ。リヤサスペンショントラブル?


21周目にクビサがピットインし、フェラーリ2台の前でコースに戻る。
そして、22周目にニコ(ロズベルグ)がピットイン、3.9秒の制止時間でクビサの前。

23周目にピットインしたベッテル、ハミルトンの前で戻る。
24周目にはウェバーがピットインするも、右フロントタイヤの作業に手間取りハミルトンのうしろ。

フェラーリは、26周目にマッサから。
前が空いたアロンソはスパートをかけるが、マッサもファーステストを記録。

30周目にハミルトンピットイン、3.5秒と早い。僅差でジェンソンの前。
アロンソは36周目にようやくピットイン。

44周目、ずっとジェンソンのうしろで走っていたマッサが前へ。
となると、今度はファーステストで走っているアロンソに攻められるのはジェンソン。

低速ギヤへのシフトダウンに問題を抱えているアロンソ、直前のジェンソンを攻めきれず。
55周目に仕掛けるが、白煙を噴き上げてリタイヤ。

映像にもあまり映ることのなかったレッドブルの2台。ベッテルが3戦目にしてようやく勝利を飾る。
予選でのフェラーリ、マクラーレンのミスもあったものの、トラブルがなければやはり早い。
3位にはニコ(ロズベルグ)。

表彰台圏外の方がバトルは面白かったんですけどね(^_^;)

しかし、ドライバーズポイントでは、39でマッサがトップなんだ(^_^;)
同ポイント37で、アロンソ、ベッテル。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
アロンソの決断
 今週末は中国GPが開催されるF1。 でも前回のマレーシアGPのこと書こうと思います。 毎回書くタイミングが遅すぎです・・・(><) ←あなたのポチ♪が励みになります!... ...続きを見る
面白ブックマーク♪
2010/04/14 20:02

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2010年F1第3戦 マレーシアGP決勝 edoi's Sprout/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる