edoi's Sprout

アクセスカウンタ

zoom RSS トヨタ オーリスがフルモデルチェンジ

<<   作成日時 : 2012/08/25 10:12   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

先代(初代)オーリスは、6速MTを搭載するRSがラインナップされていたことから、
購入候補としてチェックはしたのですが、
モデル末期だったことと、インパネシフトだったために外れました(^_^;)

8月20日、そんなオーリスがフルモデルチェンジ。
2代目となりましたが、今回も6速MTのRSが残されているのは評価に値することろ。

切れ長のヘッドライトを持つフロントはウィッシュ似?
クロームメッキ加飾されたロアグリルはレクサスとも重なりますが、
Aピラーの角度が寝すぎていることもあり、フロントが長すぎリアが寸詰まりでバランスが悪く感じます。

リアはアルファのジュリエッタじゃないの? という(^_^;)


“スポーツハッチバック”がテーマとのことなのですが、
ハイオク指定となるRSの出力が、レギュラー仕様の180Gと1馬力しか違わないのは非常に残念感が強いですね。
トルクは若干増していますけど。

カテゴリーとしてはCセグメントで、Bセグメントのスイフトスポーツとは車格が異なりますが、
スイスポの136PSに対し、オーリスRSの144PSは6%アップながら、
スイスポが1,050kg、オーリスRSが1,270kgと重量は20%もアップで、
パワーウェイトレシオはだいぶ劣ります。

ハイオクなんですから、最低でも165PSは欲しかったところなのですが、
今のトヨタは、2ZZ-GEのようなスポーツエンジンは持っていないんですかね。


リヤサスペンションは、トーションビームからダブルウィッシュボーンに変更されているんですね(^_^;)

RSの価格は202万円ですが、アルミホイールやディスチャージヘッドライト、
フルオートエアコンにスマートエントリーといった装備を考えると、
225万円のS Package択一に思えますが。

S Packageのみメーターが2眼になるという差別化も妙ですが、
2眼メーター用マルチインフォメーションディスプレイのコストが高いのか。


1.8L車にアイドリングストップ機能は用意されず、
1.5L車でも標準装備ではなく54,600円のオプションともなるのも時代錯誤を覚えますが、
6速MTとはいえ、1馬力しか違わないのにハイオク仕様を買うのには相当覚悟のいる車だなぁ、と(^_^;)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
トヨタ オーリスがフルモデルチェンジ edoi's Sprout/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる