edoi's Sprout

アクセスカウンタ

zoom RSS スイフトスポーツに、PIVOTのスロコン、3-drive・COMPACTを取り付けました。

<<   作成日時 : 2013/02/16 18:50   >>

面白い ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 1

スイフトスポーツ(ZC32S)の電子スロットルは、
踏み出しのレスポンスにダイレクト感がなくもっさりしているため(^_^;)
改善を図ろうとスロットルコントローラーを取り付けることにしました。

PIVOTの3-drive・COMPACTが、スイフトスポーツに適合する専用ハーネス、TH-1Dとセットで、
楽天で13,800円だったため、この価格で効果が実感できるなら安いですし、
実感できなかったとしても許容できるかな、と(^_^;)

PIVOT 3-drive・COMPACT

両製品とも、「MADE IN JAPAN」だったのは意外でした。

本体から伸びるケーブルは、コネクタータイプではなく基板直付けです。
一度開けてみたんですよ(^_^;)

コスト的な都合かも知れませんが、コネクタータイプであれば、設置場所の選択肢が広がると思うのですが。

PIVOT 3-drive・COMPACT


取り付けには、運転席のロアーパネルを外しますが、
左右のネジ2本を外せば、引っぱって外れます。

写真でちょうどアクセルコネクター付近から出ている2本のケーブルは、純正ビルトインETCのものです。

スイフトスポーツのペダル


アクセルペダルとコネクターの間に、専用ハーネスを接続した状態。
元のコネクターを外すのがちょっと固いかも知れません。

PIVOT 3-drive・COMPACT


スロコンの電源は、センター側のOBD2コネクターから取り出します。
OBD2コネクターがすでに使用済みの場合は、ケーブルを加工し、別の場所から取り出すことも可能です。

PIVOT 3-drive・COMPACT


本体の設置位置は、ステアリングコラム上がいちばん無難ですが、
視界に入りすぎて邪魔に感じることを懸念して、エアコンパネルの下にしました。

この位置に設置する場合、本体ケーブルをUSBソケットホールに通す必要がありますが、
OBD2コネクターがギリギリの大きさで苦労しました(^_^;)

PIVOT 3-drive・COMPACT


ロアーパネルを元に戻したら、
キースイッチON状態(スイフトスポーツの場合、スタートスイッチのみを2回押す)で初期設定を行って完了。

とりあえず、モード設定をスポーツモードのSP3にして走り出してみましたが、
おお、アクセルを踏み込んでからの加速が軽やかに(^_^;)

アクセル出力信号の変化量が+30%されると、さすがに体感できますね。
SP3でも、アクセル開度が20%までの領域で、スロットル開度もほぼ等しくなるため、
これ以上のレスポンス向上は必要ない気もします(^_^;)


本体インジケーターには、ECUに対して出力されるアクセル開度も表示されるのですが、
これはステアリングコラムにでも設置しないと目に入らないですね(^_^;)

スロコン取り付け状態でもクルコンはきちんと動作します。
しばらく走ってみて、燃費影響がどの程度あるのか見てみたいと思います。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
始めまして! 同じくZC32Sにピポットのスロコンを取り付けました!  車が軽くなったような感じがしました。
先ほど軽く待ち乗りでSP7でも大丈夫そうなのですが自宅近くの細道だと少し緊張感を感じたので実際に使い慣れて分かってくるとSP3〜5くらいの間が良いのでしょうか? まだイマイチ分からない感じでした。  しかしSPモードからノーマルに戻すと感覚的には車体の重量が増したような錯覚をするのでスロコンは確かに効果を発揮しているようです。
vienna2001
2013/12/01 04:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
スイフトスポーツに、PIVOTのスロコン、3-drive・COMPACTを取り付けました。 edoi's Sprout/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる