edoi's Sprout

アクセスカウンタ

zoom RSS スイフトスポーツ(ZC32S)に、DIYでバックカメラを取り付けました。

<<   作成日時 : 2013/08/04 19:03   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

スイフトスポーツは、全長4m足らずのコンパクトカーなので、
バックカメラは必要ないと思いきや、思った以上に後方視界が悪く、
できればバックカメラが欲しいと思うようになりました。

とはいえ、カーナビは取り付けていないために当初はどうしようもなかったのですが、
6.1型ディスプレイを持つFH-780DVDを取り付けたことから、
バックカメラが使用可能な状況にはなっていました。

さすがにリヤハッチからカメラの配線を引き回すのは難易度が高そうに感じられたのですが、
純正オプションのバックアイカメラは、32,445円。

取り付け費の9,555円はともかく、本体価格22,890円は高すぎる印象があたっため、
DIYでの取り付けにチャレンジしてみることにしました。

バックカメラは以下の3製品が候補に挙がりました。

carrozzeria ND-BC7

 画角 水平約138° 垂直約114° F値 2.15
 バックカメラ本体から50cmの部分にカプラータイプの接合部を採用し、配線の引き回しが楽

クラリオン RC13C

 画角 水平約162° 垂直約108° F値 2.6
 電源がBOX不要

パナソニック CY-RC90KD

 画角 水平145° 垂直112° F値 2.0


クラリオン RC13Cの水平画角が162°と広い反面、F値が2.6とやや暗めですが、
他の2製品のスペックは似たようなもの。

電源BOXが不要なことから、RC13Cに惹かれはしたのですが、
F値がもっとも小さいCY-RC90KDを選んでみました(^_^;)

パナソニック CY-RC90KD


CY-RC90KDのカメラとケーブル一式です。
合計10mのケーブル長は、どう考えても持て余しそう。

パナソニック CY-RC90KD


カメラのケーブルと電源コントローラーとの中継コネクターは丸型で、
ネジ式のロックタイプになっています。

CY-RC90KDの中継コネクター

CY-RC90KDの中継コネクター


小型な電源コントローラーです。
このサイズなら設置場所に困ることもないでしょう。

CY-RC90KDの電源コントローラー


カメラ本体部分です。
31万画素なんてスマートフォンのフロントカメラ並みですが、
ディスプレイの解像度がVGAで、
映像入力もコンポジットの480iとあっては必要充分なスペックですね(^_^;)

CY-RC90KD


スイフトスポーツへの取り付けですが、純正オプションの場合、
バックアイカメラ取り付け用のバックドアガーニッシュに交換することになっています。

ただし、標準装備のガーニッシュに対し、
単にカメラ用の開口部とネジ穴が設けてあるだけで、
フタをしたうえで標準装備品にしてくれればいいのに、と感じたため、自分で加工しました。

純正開口位置に準じたものの、もう少し内側でもいいかと思います。

スイフトスポーツのバックドアガーニッシュ


ケーブルの引き回しは、エーモンの配線ガイドを使って作業しましたが、
リヤハッチ左側のベローズを通し、ラゲッジルーム内のメンテナンスハッチを経由し、
後席サイドシル部分へ出すまでが非常に苦労しました(^_^;)

CY-RC90KDのケーブル引き回し

CY-RC90KDのケーブル引き回し


ラゲッジルームから後席サイドシルへ通すには、
ウェザーストリップを外して作業した方が簡単なことに気づきました(^_^;)

CY-RC90KDのケーブル引き回し


リヤハッチ内部でケーブルに若干の余裕を持たせると、
中継コネクターは、助手席サイドシルのBピラー寄りがギリギリ。

CY-RC90KDのケーブル引き回し

電源コントローラーから先のケーブル長にも余裕があるため、
中継コネクターは後席サイドシルで電源コントローラーと接続してもいいかも知れません。


バックカメラは、できるだけガーニッシュに埋め込みたかったのですが、
映像上部にリヤハッチが映り込んでしまうため、写真の位置まで露出させました。

スイフトスポーツに取り付けたCY-RC90KD


穴開け作業の末、バックドアガーニッシュもあちこちキズだらけになってしまったのが悔やまれるところです。

スイフトスポーツに取り付けたCY-RC90KD


これでも映り込みは完全には解消されず、
開口部を延長してカメラをガーニッシュ後端まで移動させたものの効果はなく。

さらに斜め下に露出させるといった策を講じないと解決されないと考えますが、
角度調整用のネジまで露出することになるので見栄えがよろしくないかと(^_^;)


FH-780DVDに映し出された映像はこんな感じです。
バックミラーやサイドミラーと同じく鏡像表示となりますが、
目視による後方確認の補助、と考えると正像の方がいいんですけどね。

FH-780DVDに映したCY-RC90KDの映像

バックランプをLEDに交換していることもあってか、
夜間でも明るさは充分で、バックの際、以前よりもギリギリまで寄せることができそうです(^_^;)

パナソニック リヤビューカメラ 高画質CMOSセンサ搭載 CY-RC90KD
パナソニック(Panasonic)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by パナソニック リヤビューカメラ 高画質CMOSセンサ搭載 CY-RC90KD の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
スイフトスポーツ(ZC32S)に、DIYでバックカメラを取り付けました。 edoi's Sprout/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる