「英國戀物語エマ」第六章 訪問

この作品、TBSチャンネルでは金曜の夜10時から放送されているのですが、
どうしても見るのが後回しになってしまいます。

今更ではあるんですが、
何でオープニングのタイトル表示はあんなに控えめなんでしょうね?

落ち着いた色遣いの風景とマッチしない、との判断かも知れませんが、
専用のタイトルバックを用意すれば全然問題ないと思うんだけどな。


前回足を痛めたケリー夫人を、坊ちゃんと父親が見舞いに行く回。
しかし、「こちらでするような話ではない」話をしに来ただけという
印象しかなかったのですが…。

珍しくエマも動揺している様子。


キーワードは身分の差。加えて、女性の地位が低いというもの。
ボードスクールに通うことになったという八百屋(?)の娘さんは、
将来美人さんになる予感。頑張ってね、と(^_^;)


ハキムは一体いつまでジョーンズ家にいるんだろう?
くすぶってるだけの坊ちゃんはヘタレすぎてイライラするな。

父親に対して、

「その忠告だけは感謝していますよ」

との言い草。エマと出会うきっかけ、というわけか。

だから、コリンの下屋則子に萌えるんだって!(^_^;)
どうでもいいけど、郵便配達は小林沙苗さんですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック