「コードギアス 反逆のルルーシュR2」TURN 24 ダモクレス の 空

「フッ、勝つとか負けるとか、そんな心がまだ私に残っていたとはな…」


シュナイゼルの敗北とナナリーの開眼の回。

シュナイゼルに言われるままフレイヤを撃ち続けるナナリー。
だから何で奴の言うなりに…。

ナナリーピンクランスロット

あっさりとピンクのランスロットで出撃したC.C.でしたが、これまたあっさり戻ってきましたね。
取りにきたのはシールドなんですかね?
まぁ、カレンとの決着のために用意されたシナリオだったのでしょう。

藤堂がスザクに敗れるのはともかく、玉城じゃ歯が立つわけないだろっ!(^_^;)

藤堂玉城

まぁ、どちらもしっかり脱出してはいるんですよね。
スザクだからあえて止めを刺さずに生かしているということも考えられますが。

星刻の攻撃により降下し始めたアヴァロン。
ルルーシュが咲世子たちに命じたミッションとは、脅されていたと言うことですか(^_^;)

星刻と天子様


分かり合えたルルーシュとC.C.の前に現れるカレンは、未練がましく迫る邪魔者みたいな(^_^;)
カレン、ちょっとウザキャラになってしまったよねぇ。

カレンC.C.


フレイヤの臨界反応を停止させるアンチフレイヤシステムが完成し、
フレイヤエリミネーターを撃ち込むスザク。

ロンギヌスの槍かよっ、という(^_^;)
しかしあのフレイヤ、最後の一発だったんでしょうか?

フレイヤエリミネーターナナリー

フレイヤの発射スイッチを探してはい回るナナリーの画がしつこかった気もしますが、
ラストシーンへの伏線なのでしょうね。

シュナイゼルは、もちろんナナリーをはなから見捨てる気。
発射スイッチを持たせた意味がよく分かりませんが。

結局戦う運命にあったスザクとジノ。しかし、ジノが“守るべきもの”って何なんだ?

今回、決着がついていないものとして、オレンジとアーニャ、スザクとカレンがありますね。


コーネリアも生きてましたか。まっ、そうですよね(^_^;)
しかし、ギルフォードまでもってどうやって!

コーネリアギルフォード


ギアスの力を目の当たりにしたカノンの表情がヤバそうだ(^_^;)

シュナイゼル敗北の流れは、ルルーシュのこれまでの戦術の延長上といった感じで、
予想を上回るような凝った仕掛けがあっても良かったかな、とは思いましたが。

カノンディートハルト

お前にはギアスを使う価値もないと言い放たれて息絶えるディートハルト、哀れ(^_^;)
あまりにコロコロと寝返りすぎでしたが、彼は有能だったと思いますよ。
彼を撃つのも、冷酷なシュナイゼルではなく、意外な人物の方が面白かった気が。
あの場には居合わせていなかったという問題はありますが。


「お兄さま、私にもギアス使いますか?」

開眼したナナリー

これ、ナナリーはどうすると読んでるんでしょう?
使わないと確信してるのか?

次回、Final Turn Re;
もっと人死にが出るかと予想していましたが、意外と温かったですね。いや、いい意味で(^_^;)

©SUNRISE/PROJECT GEASS・MBS

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック