edoi's Sprout

アクセスカウンタ

zoom RSS 「宙のまにまに」第3話『プラネタリウム』

<<   作成日時 : 2009/07/21 22:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「ふ〜む2ドリフ、いや3ドリフくらいかなぁ。こりゃすぐ降るねぇ、タクっちゃおうかなぁ」


梅雨のせいで星が見えず、スイッチが切れてしまった美星。
そんな彼女を回復させるため…、ではなく、
へっぽこ部呼ばわりするフーミンに天文部の活動をアピールするため、
プラネタリウムに行くことを思いつく朔。

美星美星


市内にプラネタリウムがあって、しかも天文部員なら、
年間パスでも持ってるくらい入り浸っていてもおかしくないような気が(^_^;)

美星と小夜は、解説員のお姉さん、羽鳥晴子と知り合いで、
2ヵ月前にも会ってたってことだけど、プラネタリウムで、ってことではないんだよね?

しかし、晴子さん役のチャン・リーメイがキツイなぁ…(--;)
1話限りのゲストキャラってわけじゃないだろうに。

せめて、もっとノリノリ感が欲しかったよなぁ。

羽鳥晴子羽鳥晴子


寿美菜子の役名は洋子って言うのか。

朝、朔の教室にやって来て、「昨日の夜は最高だった」などと口走る美星。
むしろ、分かってて遊んでるんじゃないか? とさえ。

朔「今夜も寝かせないぞ」


もっとも、昨日今日に始まったことじゃなく、2ヶ月も経ってたらもう恒例行事になってそうだし、
ふたりが天文部に入ってることを知っているなら、誤解されることもないような気がしますけどね(^_^;)

今回、ちょっと下ネタ多かったですか。
で、同じ天文部の姫が何で真に受けてるんだよっ!(^_^;)

姫「明野の男か」「違いま〜す」

部活をエスケープした朔は、図書館でフーミンと遭遇。
“明野の男”呼ばわりしつつも、文芸部に誘うフーミン。


姫の姉、蒔田美妃は高垣彩陽なのか。これでミューレ3人出演…。
まぁ、高垣彩陽の演技には何の問題もないですけどね。

蒔田美妃「あたしの髪は湿度計じゃな〜い


あれ? 今回、朔が美星の親父さんについて話したときには、
美星の表情に変化は見られなかったなぁ。

プラネタリウムでの美星


誰かが熟睡してしまうようなこともなく、至って真面目に楽しめたのね。

プラネタリウムの魅力にハマッてしまったとかで、
2回目以降に通う描写を入れても良かったと思いますが、
やっぱり、梅雨が明けた本物の空にはかなわないのね(^_^;)

©柏原麻実/講談社・蒼栄高校天文部

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「宙のまにまに」第3話『プラネタリウム』 edoi's Sprout/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる