「ストライクウィッチーズ」リネット・ビショップ(コトブキヤ)

コトブキヤから発売された、「ストライクウィッチーズ」より、リーネことリネット・ビショップの
1/8スケールPVC製塗装済み完成品フィギュアです。

リネット・ビショップ


本当は、先に発売されたアルターの宮藤芳佳と並べられれば良かったのですが、
残念なことに買い逃がしてしまいました(;_;)

コトブキヤからは、サーニャも発売されていますが軽くスルーしています(^_^;)

リネット・ビショップ


さて、このコトブキヤのリーネですが、
珍しく、figmaのような可動式スイングアームで台座に取り付けるようになっています。

フィギュア自体のポーズは固定なので、それほどメリットがあるわけではないですけどね。

ストライカーユニットにアームを差し込む部分も、穴のありなし2種類が付属しますが、
アームを取り付けないと飾れないためなくても良かったかも。

リネット・ビショップ

リネット・ビショップ

リネット・ビショップ

リネット・ビショップ


プロペラも、止まっているものと回転状態を再現したものの2種類が付属します。

プロペラ2種類


表情は、出撃中ということもあって、かわいさよりも凛々しさを感じるものになっています。
髪の毛はダルですね。

リネット・ビショップ

リネット・ビショップ

リネット・ビショップ

リネット・ビショップ


特徴のおおきなおっぱいも目立ちはしますが、リーネの造形はサラッと流したような印象で、
どちらかというと、ストライカーユニットのスピットファイヤMk IXや、
ボーイズMk 1対装甲ライフルの方に力が入っているんじゃないでしょうか?

翼端灯が、きちんと透明パーツで再現されているのには感心してしまいました(^_^;)

ストライカーユニットはパカッと割れてキャストオフできそうな気もするのですが、きっと無理でしょうね。
縞々ニーソ姿も見てみたいんですけどね(^_^;)

リネット・ビショップ

リネット・ビショップ


パンツズボンの造形も、あまりこだわってないような感じ。
どっちかというと、バックよりフロント部分を見せて欲しかったんだけどなぁ(^_^;)


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック