edoi's Sprout

アクセスカウンタ

zoom RSS 2010年F1第6戦 モナコGP決勝

<<   作成日時 : 2010/05/16 23:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

スターティンググリッドで、レッドブルは2人つけてディフューザーをガードしてますね(^_^;)
どうせスタートしてしまったら見られ放題なのに。

オープニングラップ、ヒュルケンベルグがトンネル内でクラッシュし、セーフティーカーが導入。
ピットレーンスタートとなっていたアロンソは、ここでオプションからプライムへと交換。

セーフティーカーラップ中にジェンソンも白煙を上げてリタイヤ。
エンジンのオーバーヒートか。

7周目からレース再開。

アロンソは、10周目にようやくディ・グラッシをかわし、続いてトゥルーリ。
その前のギャップをあっという間に詰め、グロック、コバライネンと抜いていく。


18周目にハミルトンがピットイン。19周目にマッサ、ミハエル。
21周目にはクビサ、22周目にベッテル、そして23周目にウェバーと続く。

ニコは28周目まで引っ張ってポジションを上げていたものの、ミハエルのうしろで戻ることに。
同じく、ピットインせずに引っぱっていた可夢偉は、画面に映らないままリタイヤ。


32周目、バリチェロのクラッシュにより2度目のセーフティーカー。
放り投げたステアリングをヒスパニアレーシングが踏んで行ったが…。


44周目、3度目のセーフティーカー。
排水溝のフタがゆるんだって、別のサーキットですが前にもありましたよね。

74周目には、トゥルーリとチャンドックとの接触により、4度目のセーフティーカー。
このまま78周のレースを終えるかと思いましたが、ファイナルラップ、チェッカー直前でレース再開(^_^;)

ここまでに6位まで上がっていたアロンソは、ミハエルにかわされ7位でレースを終えるが、
この件は、ミハエルに20秒のタイム加算ペナルティーで12位へ後退。

優勝は2周連続でウェバー、2位にベッテルで、またもレッドブルのワンツーフィニッシュ。
ドライバーズポイントでも、ウェバー、ベッテルが78ポイントで並び、
コンストラクターズはレッドブルがトップに浮上。

MVPはアロンソでしょうね。ここモナコで、まさか6位まで上がってくるとは思わなかったので(^_^;)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2010年F1第6戦 モナコGP決勝 edoi's Sprout/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる