「STAR DRIVER 輝きのタクト」第三話 おとな銀行

「私たちは欲望という確実な絆でつながってるの」
「ヌケヌケとそういうことを平気で語る奥様って、私意外と好きです」
「お色気ムンムンって言葉、日常会話で初めて聞いた」
「その条件でやるの?」「2倍はおいしいよね」「じゃなくて~」
「夜までこうなのか、しかも時給はなし」
「豪快、銀河十文字斬り!」



引き続き、おとな銀行頭取で、お色気ムンムンな人妻女子高生、ミセスワタナベのターン。
アバンは、あえて前回と同じような展開にしたんだろうか?

彼女の夫は、グラン・トネール財団の総帥で、ドスケベな65歳のレオン・ワタナベ。

第三話 おとな銀行


完全に脇役だと思っていた、加藤英美里のマキナ・ルリの出番が多め。
タクトにお弁当を作ってくるなど、タクトにアタックするつもりなんだろうか?
スガタにも気がありそうだけど。

ルリとワコツナシ・タクト


竹達さんのシモーヌ初登場。
これまでとは毛色の違ったキャラですね。
大人びていて、色っぽさのあるキャラだ。
歯に衣着せない本音系で、フランス語が苦手なミセスワタナベに代わって
フランス語で受け答えしてたのは「おおっ」と思いましたが、
フランス語発音監修があったんですね(^_^;)

シモーヌ青ざめるワコたち

ミセスワタナベの誘いで、タクトたちはプール掃除のバイトをすることに。
豪華客船ではあったけど、プール自体はそれほど大きくはなかったのは意外。

って、自分が泳ぐんじゃなくワニータ男爵のおうちでしたか(^_^;)
副部長が暴れたんで、株で大損したんじゃないか? とも思うんだけど。

―――たぶん、ネズミではない。シモーヌ


タクトと剣道で勝負することになった、ミセスワタナベに仕える地味~な少年、タカシだけど、
彼が剣道部に所属していることもこれまで描かれてなかったのは説得力が…。

綺羅星!

ヘッド


ふたりの会話を録画して、タカシをけしかけるミセスワタナベ。

タカシとシモーヌミセスワタナベ


気多の巫女(サカナちゃん)が「イカ大王」と言ったところで、
「イカ娘」が頭に浮かんできてしまった(^_^;)

気多の巫女


タウバーンが持っていた11本目と12本目のスターソード。
全部で何本あるという設定なんだ?

銀河美少年銀河美少年


ワコがゼロ時間に連れて行かれる前後で、
ルリへのメールの返信内容を書き直す展開がいいですね。

タクトに敗れたあとのヘッドとの会話から、
タカシはこれまでのスタードライバーとは違うようですが…。

シモーヌ次回予告のワコ

次回、ワコの歌声。ワコのブラ!(^_^;)

©BONES/STAR DRIVER製作委員会・MBS

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック