「STAR DRIVER 輝きのタクト」第五話 マンドラゴラの花言葉

「女の子の名前もちゃんと覚えてください」
「ウインク」「日常生活で初めて見た」
「やるわね。まさか、このあとあの伝説の」「出たー」「投げキッス、実在したんだ」
「呼び出して何してるのかな?」「そりゃーもう、やりたい放題」
「やっぱりもらってたんだ」「どうするつもりだったの?」
「こっそりやられたい放題」
「驚いた。あんた、本物ね」



オカモト・ミドリ

南十字学園の保健医で、無類の美少年好き、オカモト・ミドリ(桑島法子)の当番回。
趣味は隠してこっそり楽しんでるのかと思ったら、堂々とポスター貼ってたら意味ねー(^_^;)

美少年の夏オカモト・ミドリ


この作品はギャグアニメなんですかねぇ?
今回、ほとんどシリアス要素は見られませんでしたし、
ゼロ時間での銀河美少年との戦闘も見とれて敗北するとか、さすがにそれはやりすぎなんじゃないかと。


「ファンサービス」のため、屋外で練習する演劇部。
体操服の色は学年によって違うのでしょうが、男子もピンクはないだろう(^_^;)

ミドリ先生は、美少年の名前は覚えているものの、
顧問をしている化学実験部の部長、ケイトの名前は覚えていない(^_^;)

その正体は、綺羅星十字団、科学ギルド所属で、
サイバディ、ヨドックのスタードライバー、プロフェッサー・グリーン。
プレコグシステムを完成させる。


ヒナ

ある日学園に、ヒナと名乗る謎の美少女が出現。
ミドリ先生、女子高生になりすませるほど若かったかなぁ? とか、
メガネ取っただけで誰にも気づかれないのか? と思いましたが、
若返る能力を持っているなんて…。

ヒナサリナとワコ


そしてミセスワタナベの真似を(^_^;)
女の子からなんてはしたない」って、あんたが言うか?


ワコ妄想中なんでわかるの?

ワコの妄想がエスカレートしている(^_^;)

綺羅星十字団は、「綺羅星!」のあいさつに思わず反応してしまうのか(^_^;)

綺羅星!綺羅星!


頻発する地震は、気多の巫女の封印が解かれ、不安定になった気多島の火山によるもの。
“気多”とか“皆水”は、四方と言いつつ島の名前から来てるんでしょうか?


ミドリ先生が手紙を出して男子生徒を呼び出していたのも、
特別な意味があったわけではなく、単に自分の欲望を満たすためだけだったのか。

エンドウ・サリナアゲマキ・ワコ

しかし、どうして最初から女子高生の姿で潜入しなかったんでしょうね? そこが謎だ。

ツナシ・タクト気多の巫女

今回も気多の巫女のテンションは高かった。
いつまでクルクル回ってるんだ(^_^;)

プロフェッサー・グリーン、戦闘中もこんなだもんなぁ。

プロフェッサー・グリーン銀河美少年

ゼロ時間内での動きを数秒予測できるプレコグシステムがあれば、
銀河美少年には勝てたんじゃないかと思うんだけど、おたのしみモードって、まさかそれが新兵器?

おたのしみモードプロフェッサー・グリーン


まぁ、勝負に負けはしたものの、
ミドリ先生にとってはハッピーエンドで終わったようだけど。

次回、王の柱。

©BONES/STAR DRIVER製作委員会・MBS

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック