「機動戦士ガンダムAGE」第5話 魔少年

「ガンダムは誰にも渡さない。僕が乗ります」
「フリット・アスノ、期待外れだな。飽きちゃった。もう帰ろ~っと」
「また会えるといいね、フリットお兄ちゃん。それまでお兄ちゃんが生きていれば、だけど」



フリットよりもガンダムをうまく扱える謎の魔少年、デシル・ガレット(高垣彩陽)登場回。
AGEデバイスを奪われたりと振り回された挙げ句、ユリン同様、再会の言葉を残して去っていくが、
これまたユリンと同じく、予知能力の持ち主なんだろうか?

デシル・ガレットデシル・ガレット

バックにいる黒いマントの男たちの存在も浮かび上がってはいますが、“エデンの住人”とは?


ファーデーンに到着したものの、
ガンダムに乗り続ける決心をしたフリットを止めようとするエミリーは
グルーデックの不審な行動を目撃する。

エミリー・アモンドエミリー・アモンド

ディーヴァの艦長になりすましているのがバレていたグルーデックは、
軍法違反で監察局に身柄を拘束されるところ、相手の弱みを握って追求を逃れる。
相手も相応に偉い立場でなければ、いずれバレるとは思うんだけどね。

エミリーではなく、せめてミレースさんあたりに感づいてもらいたかったとは思いますが。

グルーデック・エイノアエミリー・アモンド


しかしファーデーンは、ノーラが崩壊したというのにそんな何事もなかったかのようでいいんだろうか?
緊急ニュースが流れているわけでもなかったし。


デシル・ガレットデシル・ガレット

デシルがフリットの前に飛び出してきたのはわざとなんでしょうね(^_^;)
それとも本当に偶然で、ポケットに触れたときにAGEデバイスの存在に気づいた?
手が触れたときの感覚にも、デシルの方は気づいていないようだったけど…。

フリット・アスノデシルとフリット

彼が語った、旅客船のたったひとりの生き残りというのは真実なんだろうか?


パイロットから応答もないのにガンダムを出撃させたとか、ずいぶん乱暴な脚本な気がするけどね。
すぐにフリットが連絡すれば、止められたんじゃないか?

7歳の子供が乗り込んで、さすがにペダル位置が合うのかとも。

フリットがガンダムに乗ることを快く思っていないエミリーが、
さらに幼いデシルが乗っていると知ったらどう思うだろう? とも疑問も沸くけど、
ちょっと大味で、細部まで目が行き届いていない脚本だったかな。

あと、フリットがガンダムを私物のように扱ってるのがやっぱり気になるな。
今回はディーヴァを「僕の船」とまで言ってたし。


次回、ファーデーンの光と影
ザクっぽい、モノアイに動力パイプを付けたMSが登場しているな(^_^;)
ドラムマガジンのマシンガンも持ってるし。

次回予告のザク風MS

©2011 SUNRISE INC.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック