テーマ:青の祓魔師

「青の祓魔師」第二十五話 時よ止まれ(最終回)

「野に咲く可憐な花を手折らんとする悪党ども、アーサー・オーギュスト・エンジェルが成敗してくれる」 「ガキの頃みたいに、たまには俺を頼れよ」 「兄さん、親ってすごいんだね」「当たりめーだろ、俺たちの親なんだぜ」 最終回。 さすがにここ数話のひどさからは若干持ち直した感がありました。 前回に引き続き、ストーリー協力 加…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「青の祓魔師」第二十四話 魔神の落胤

「遅えよ、なかなか気づいてくれないからパパさびしくなっちゃうところだったぜ」 「で、何だこのみたらし団子みてえな姉ちゃんは?」 「いくら悪魔落ちしたからって性格変わりすぎだろビビリ」 「いや、起こしてみせるさ。あたしの熱いモーニングコールでな!」 ラスト1話前、魔神の器として乗っ取られた雪男の奪還。 う~ん、やけに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「青の祓魔師」第二十三話 真実

「もし、その気持ちに嘘がないなら、私の体、使って」 「命は買ったり与えたりできない。けれど、育むことはできる」 「生きて、強く。悪魔と人間が分かり合えるって証明するために」 明らかにされる燐と雪男出生の秘密と、 完全に悪魔落ちし、魔神にその体を乗っ取られた雪男。 もともと、エルンストの計画では、燐を生贄にする予定で…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「青の祓魔師」第二十二話 悪魔狩り

「ねえ燐、これが祓魔師の仕事なの? これじゃ私たちまるで…」 「悪魔と名の付くもんは、全部皆殺しにするつもりなのか?」 「残念だ。君が悪魔側に寝返るとは」 アーサー・オーギュスト・エンジェルに代わって聖騎士に任命された雪男と、 虚無回への門を開くための人柱にされた燐。 う~ん…、こんな展開でいいのかぁ? クライマ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「青の祓魔師」第二十一話 秘密の花園

「素晴らしい庭だな。この美しさ、悪魔にはふさわしくない」 「悪魔をかばうのか? 魔神の子よ」「ひとんちを土足で荒らすお前たちが許せねえだけだ!」 「大丈夫、きっと見つけられるよ。ふたりで静かに暮らせる天空の庭を」 魔神に関わる者を襲撃していたネイガウスの妻、ミシェルさんをかばったことで、 聖騎士アーサー・オーギュスト・エ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「青の祓魔師」第二十話 假面(カメン)

「俺の炎だ、俺が操れねえわけ、ねーだろうが!」 「兄さんを…守るつもりだった。守れるつもりだった」 魔神に関わる者を襲撃していた“仮面の男”の正体は、ネイガウスの奥さんだった。 スタッフロールによれば鶴ひろみさんとなっていましたが、 男声に変えられていたので分かるはずがありません(^_^;) それにしても…、今…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「青の祓魔師」第十九話 なんでもない日

「出そろいました~!」 「バースデーケーキとクリスマスケーキって違うもんなのか?」 「15年目の真実ってやつだね、兄さん」 「ワァ~オ! ファンタスティック!」 「キラ~ン。ずっこ~ん!」 愉しいクリスマスバースデーパーティーの回。 本筋に関してはほとんど進展がなかったものの、 使い古されたネタでまとめたユル~い展…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

「青の祓魔師」第十八話 颶風(グフウ)

「お前、今何て言った?」「え~、そこからなん?」 燐に対する恐怖から、グフ…ではなく颶風に取り憑かれた子猫丸の回。 そして、勘違いにより燐と勝呂の間に生じた亀裂。 ちょっとベタな流れではありますね。 1万2,000ある結界の総点検を命じられた候補生たちだったが、全部終えるのに何日かかるんだ(^_^;) …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「青の祓魔師」第十七話 誘惑

「起きて、兄さん。起きろーっ!」 「お前、雑どころの騒ぎじゃねえな」 「おーいビリ~、明日の昼飯、お前のおごりだからな~」 「気をつけろ、お前みたいなヤツの方が悪魔落ちしやすいから」 「べっ、別に励ましたわけじゃないんだからねっ」 アバンは、まるでクライマックスかという盛り上がりだったものの、 本編に入ってからは、新…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

「青の祓魔師」第十六話 賭

「シュラ、その青い炎を吹く獣は、魔神にまつわるものであると思わないのか?」 「違ぇよクソバカ。ハゲ」「ハッハハハ、俺はハゲてないぞ。面白い冗談だ」 「賭けませんか? この奥村燐が物質界の救世主となるか、はたまた虚無界の魔王となるか」 京都とヴァチカンとの二局展開。 今回はアバンの長さも30秒ほどに抑えられており、普通に面…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「青の祓魔師」第十五話 やさしい事

「殺した~い」「ダメだ。ひとりでも殺してみろ、私がお前を殺すぞ」 「うるさいよバカ~。忠告したのにもう出しちゃったじゃんお前。バレてんだよ~」 「そうだ、この女は僕のお嫁さんにしよう」 「俺らは蚊帳の外かい、混ぜろや!」 本編自体はなかなか熱い展開で悪くなかったものの、 前回のあらすじをダラダラを最後まで流してしまうア…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「青の祓魔師」第十四話 愉しいキャンプ

「奥村君て、体力宇宙ですよね」 「ようやく脱がはった」「超人かいな思たわ」 「これはどこへ嫁がせても恥ずかしない味や」 「18歳? 何をバカなことを。このひとは今年でにじゅうろ…」 「大志を抱く少年は嫌いじゃないんだ」 楽しい夏休み、林間合宿と称した3日間の実戦訓練に向かった候補生たち。 燐の正体バレの前編、というこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「青の祓魔師」第十三話 証明

「まだ乳臭い子は引っ込んでな」「乳臭い…」 「そんなに何度も人にプレゼントしちゃうような代物だったのか、これ」 「ホントだ、笑える、こいつ。いや、笑えるのはあたしの方かな」 「獅郎、あんたが育てたのは武器なんかじゃない。あんたが育てたのは息子だよ」 「おかわいそうに、兄上信用されてないのですね」 メッフィーランドを舞台…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「青の祓魔師」第十二話 鬼事(おにごっこ)

「しえみ、どうした? すっげー顔ブサイクだな~。怒ってんのか?」 「うっせーババァ!」 「んのガキ~。俺だって揉み…」 「よーし、しょうがない子だな~。待て~」 「あ~あ、がっかり。いい退屈しのぎになると思ったのに」 ええ~~~っ!? 実はしえみがおっぱいキャラだったなんて~~~っ!!(^_^;) これまではずっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「青の祓魔師」第十一話 深海の悪魔

「あいかわらずやな~、ツンばっかりでデレのデの字もないわ」 「うっせー、小さくったって男はあそこがデカけりゃいいってオヤジは言ってたぞ」 「そのぶん、ゲソっとなるほど量はあるから」 「道にはいくら迷ってもいいけど、一度心に決めたことは迷うな」 「大丈夫だって。あんなにでっかい耳付いてるじゃん」 「くどい! 洋平、イカの刺身のよ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

「青の祓魔師」第十話 黒猫(ケットシー)

「俺のゴリゴリ君食うか?」「自分のは2本も」 「ちょっと頭がいいからって、しえみに目をハートにされて調子に乗ってんじゃねえ!」 「お前の2番目のメガネが心配で」 主人である獅郎の死を知り、暴走した使い魔の猫又(ケットシー)、クロの回。 しえみをはじめエクスワイアは登場せず、シンプルなストーリーでやや物足りなさはあった。 …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

「青の祓魔師」第九話 おもひで

「俺って、こう見えてミステイクな男だからさ」 「雪ちゃん、雪ちゃんはどうですか?」 タイトルからすると、雪男としえみとの出会いに、 エクソシストになる道を選んだしえみ、ということになるんだけど、 ウェイトとしては、敵としての行動を見せていたネイガウスとの対決の方が高かった気がする。 前回のネイガウスによる屍番犬…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「青の祓魔師」第八話 此(ここ)に病める者あり

「そうそう、その炎を見たかった。その青い炎をな」 「神木さん、今日はいつもの神木さんじゃないみたい」 「性格悪くて負けるのは大嫌い、それがあたしよ!」 「我思うに、世界もその録すところの書を載するに耐えざらん!!」 前話で負傷した朴が祓魔塾から離脱してのその後。 神木出雲の後編という位置づけになるのでしょうが、いきなり…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「青の祓魔師」第七話 友千鳥

「友だちって助け合うものじゃない。持ってくれないかな?」 「僕は無謀な冒険はしない主義なんで」 「それに真剣な人をバカにするのも、私は好きじゃない」 「悔しい。こんな姿、誰にも見せられない。何も出来なかった。たったひとりの友だちも助けられなかった。嫌われた」 ようやくスポットの当たった、喜多村英梨演じる“まろまゆ”神木出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「青の祓魔師」第六話 まぼろしの料理人

「落ち着いて兄さん、僕がいちばん安い1,800円のAランチ代出してあげるから」 「このホクロメガネー!」「誰がホクロメガネだ!」 「作ろう、究極の弁当を。お前となら絶対にできる!」 「今のお前のその料理、おいしいって言ってくれる人がいるのかよ?」 正十字学園男子寮で、燐、雪男の食事を作ってくれていたウコバクと、弁当怖いの…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「青の祓魔師」第五話 祟り寺の子

「ふたりともタイプ似とるんちゃう?」「同族嫌悪ゆうやつやろか」 「とんだ大正浪漫娘だね、君は」 「いつ決めたんだ? 何年何月何時何分何秒地球が何回回ったとき?」 「私のような放蕩者にとって、こんな愉快なおもちゃ箱はないからな。楽しいお遊戯はこれからだ」 燐と同じく、打倒サタンを目指す、 “祟り寺”と呼ばれる寺の息子、勝…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「青の祓魔師」第四話 天空(アマハラ)の庭

「兄さん! 僕のマンガ、変な汁で汚さないで」 「バカにしてないよ、バカだとは思ってるけど」 「このホクロメガネ」 「兄は形ばかりの兄です」 花澤香菜の杜山しえみ登場回。もうそれだけで充分なのです(^_^;) あいかわらず兄さんはバカだなぁ、アハハ。 この作品、主人公は燐ではなく雪男の方ですよね絶対。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「青の祓魔師」第三話 兄と弟

「バカだなあ兄さん、何で祓魔師になりたいなんて言い出したんだよ」 「父さんに弱みがあるとしたら、それは兄さんだ」 「見くびんじゃねえぞ。俺は弟とは戦わない」 「はーい、先生」 燐と雪男の正十字学園入学編。 どうでもいいけど、提供バック画面が変わりましたね(^_^;) 学園モノというよりも、とたんにファンタジー色の…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「青の祓魔師」第二話 虚無界の門(ゲヘナゲート)

「俺は、白鳥さんが前から欲しいって言ってたまじかる☆ぽえみいの抱き枕を」 「ハッピーバースデー! 我が息子よ」 「違うだろ。こいつは俺の息子だ。返してもらおうか」 「あなた、エクソシストになってどうするのです?」「サタンをぶん殴る!」 なかなか緊迫感に溢れる内容で良かった。 第1話よりも、ツカミとしては好印象でしたね。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「青の祓魔師」第一話 悪魔は人の心に棲む

「○の○○師」的なタイトルだよね(^_^;) “祓魔師”の日本語読みは調べるまで分かりませんでしたが、“ふつまし”になるのか。 監督は「DARKER THAN BLACK」の岡村天斎、 アニメーション制作はA-1 Picturesですが、 第1話で気になったのは、車の3DCGモデリングかな。 車種のバリエーションが少な…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more