2005年F1第10戦 フランスGP予選

午前のフリー走行ではウェットだった路面はドライに。

今回のルノーは、マイルドセブンのロゴの代わりに妙なペイントをしている(^_^;)
カナダから続くタバコ広告禁止国でのグランプリも3戦目。
次戦イギリスもそうですが、BARはバーコードじゃない方が良かったな(^_^;)


1番手出走ラルフのタイムを5番手のヴィルヌーブが上回る。
出走時点で、琢磨はモントーヤを上回ってトップ。
しかし、直後に走ったアロンソが更新。

フィジケラは琢磨に届かず。
ジェンソンはフィジケラの後ろとなるが、
琢磨ソフト、ジェンソンハードと別れたタイヤの差?

エンジン交換で10番グリッド降格のライコネンは、
燃料を積んでのアタックか。
しかし、交換したばかりの新しいエンジンが壊れて交換して、
一体どんなアドバンテージを得ることが出来るっていうんだろう?

エンジン交換によるグリッド降格のルールは本当に理不尽ですね。

ウィリアムズは奮わないなぁ…。

琢磨4番手は期待できるところだけど。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック