「コードギアス 反逆のルルーシュR2」FINAL TURN Re;(最終回)

「なぁスザク、願いとはギアスに似ていないか?」
「俺は人々の願いという名のギアスにかかる。世界の明日のために」



アバン、ルルーシュに対するナナリーの言葉がきついなぁ。
途中で道を誤ったにしろ、ルルーシュの行動も、元を辿ればナナリーを守りたい一心からだったんだけど。

ナナリーナナリー


カレンウゼェ~~~っ!(^_^;)

カレン千葉と藤堂

満身創痍でなおも出撃しようとする藤堂。
今度こそ死亡フラグ、かと思ったが、さすがに気力が持たなかったか。

ダモクレスの鍵を握るナナリーも、最後には死ぬ覚悟だったのか。
自分と同じ思いだと知ったルルーシュは、ついにギアスをかける決心を。

「ルルーシュ・ヴィ・ブリタニアが命じる。ダモクレスの鍵を渡せ!」

しかし、ナナリーはルルーシュがギアスが使ったときの防御を何もしていなかったのか。

「どうぞ、お兄さま」


アーニャとオレンジのバトルは熱かったな。オレンジが格好いいんですが(^_^;)

「記憶せよ! ジェレミア・ゴッドバルトを。お前に敗北をもたらした、記念すべき男の名前だ」


オレンジアーニャ


アーニャに記憶がないことを知ったオレンジは、ギアスキャンセラーを使ったんだろうか?
結局このキャンセラーも、シャーリー以外には使い所が皆無だったし。
何で明確な描写を入れてくれなかったんだろう?

アーニャオレンジ


カレンに敗れたスザクのランスロットは爆発。
当然脱出したものと思っていましたが、CM明け、2ヶ月後の場面では…、死亡ッ!?

カレンスザクの墓


独裁者となり、世界を支配するルルーシュに処刑される反逆者たち。
ああ、ナナリーまでそんな格好に(;_;)

ナナリー


そこに新たなるゼロとして現れ、ルルーシュを殺すスザク。
ナナリーが他人の思考を読める能力は本当にあったの?

てっきりナナリーにギアスが発現してルルーシュは助かるんじゃないかと思いましたが、
そこまで都合良くは展開しないか。

自分の意思を持って感情を露わにするナナリーは化けたなぁ、という気が。

ゼロとなったスザクルルーシュ死亡


ルルーシュが、世界のすべての憎しみを背負って死ぬという選択をするのは、
これまで行ってきた代償からすればやむを得ないかな、とも。

シュナイゼルに、ルルーシュではなくゼロに仕えよと命じたのもこのためか。
オレンジも、ゼロレクイエムの真実を知っていた?


普通の高校生として生活するカレンはちょっといいね(^_^;)
まさかそんな状態に戻れるとは思わなかったけど。
パンをくわえて曲がり角でぶつかるって展開はないのか(^_^;)

カレン

しかし、扇が首相って、何だその出世ぶりは(^_^;)

オレンジはアーニャと共にオレンジ摘みの日々、ってこれまた何なんだその爽やかさはっ!
まぁ、オレンジはルルーシュに仕える身だったことだし。
しかしここのアーニャ、作画が微妙だよな。

アーニャオレンジを摘むオレンジ


死んだルルーシュよりも、ゼロの仮面を被り続けるスザクの方が罰を被った気がしないでもないですが。
C.C.も遊牧の再び日々に戻ったかぁ。

C.C.


スタッフロール、原画陣の最後に櫻井孝宏って、一体どのシーンを?

最終回だけあってさすがに密度の濃かった回でしたが、
足かけ1年かけたわりには、描き切れてない部分もあったとは思うんですよ。
エピローグはせめてBパートまるまる使って欲しかった気もしますし。

ただ、思ったよりもやもや感は残りませんでした。
やはり、ルルーシュの死というかたちでケリをつけてしまったからでしょうか。

当初は皇帝若本がラスボスだとばかり思っていたため、予想以上にスケールが大きくなりましたよね。
あっさり片付けてしまった部分もありますし。

シリーズとしての面白さは、第一期の方が上だったかな、と思います。
第一期は、Blu-rayで見直していこうと思いますが(^_^;)

ありがとギアス

©SUNRISE/PROJECT GEASS・MBS

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

かわいい かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック