「荒川アンダー ザ ブリッジ×2」6 BRIDGE×2

「その子にだけは止まるんじゃない。じゃないと、殺すよ?」
「でもやっぱり、ちょっぴり涙が出ちゃう。だって秘書だもん」
「白線に乗った王子様…」
「私はな、この河川敷から出て行かなきゃいけない」
「帰るんだ」「それはもちろん、金星だ」



第144話「暗号解読」
第145話「全てが突然に」
第146話「告白」
第147話「決意」
第148話「夢の金星生活」
第149話「婚約?…そして」
第150話「荒川一発芸予選」


まさかのシリアス回。
せっかく面白くなってきたと感じていたところだったのに、
果たして、こんな展開を望んでいた視聴者がどれだけいるのだろうか?

リクルートニノ


アバン、ニノの秘密が録音されたカセットテープまで盗みだし、
彼女を調べていた島崎に釘を刺しに来た、藤原啓治声の謎の人物(^_^;)

しかし、「殺すよ」とは物騒だな。
ニノは謎の人物によって守られているということか。


忠告を無視してニノを探ろうとする島崎に、マリアとシスターの作ったデストラップが発動。
さらに、助けたシロさんのラブトラップに引っかかることに。

そういえば、マリアどころか、今回はシスターの登場もなかった。

島崎とシロさん


両親から連絡が来て、河川敷を去り金星へと帰ることになったニノは、
リクに一緒に来て欲しいという。

リクルートリクルート

ニノママが根谷美智子なのはいいとしても、ニノパパの宮本純乃介って誰なんだろう?
ひどく下手だったんだけど。


ぽてちの劇画ニノ

ぽてちによってサラッと語られたものの、
水中に1時間もいられたのが事実だとするなら、ニノが人間ではないのは確かだよな(^_^;)
このシリアスな流れは次回まで引っぱるというのか。


エンディングが、石橋加奈子による特別仕様。
アニメーション協力 Marvy Jack

エンディングアニメーション 石橋加奈子エンディングアニメーション 石橋加奈子


エンドカードイラスト 土林 誠

次回も宜しく頼むよ

©中村光/スクウェアエニックス・荒川UB製作委員会

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック