スイフトスポーツ(ZC32S)に、アールエム・オージーショップのダッシュマットを装着しました。

スイフトスポーツに乗っていて気になるのが、フロントガラスへのダッシュボードの映り込みです。
テカテカの素材で、映り込み防止がまったく考慮されてないのでしょう、
特にデフロスターの吹き出し口が目立ちます。

ドライブレコーダーの映像にも思いっきり映り込みが生じています(^_^;)

スイフトスポーツのダッシュボード


ラリーカーやGTカーなどでは、ダッシュボードにスエードが貼られていたりしますが、
スイフトスポーツでも、スズキオーストラリアでは純正オプションとしてダッシュボードマットが存在するものの、
日本仕様ではもちろん用意されていません。

スズキオーストラリアのダッシュボードマット


スイフトスポーツ用として販売されている製品はないかと探していたところ、
アールエム・オージーショップで扱われているのを見つけたので、即座に注文。

その名の通り、オーストラリアのショップなので、商品は国際郵便で発送されます。
価格は、7,980円+送料1,300円でした。

注文生産とのことでしたが、1週間ほどで到着しました。


助手席用エアバッグ対応のための切り込みが入っていますが、
インパネアッパーボックス用の切り込みはないため、そのままだと使用不可となります。

アールエム・オージーショップのスイフト用ダッシュボードマット


デフロスター吹き出し口の運転席側にある、日射センサー用の穴も、
なぜか完全には切り抜かれていなかったため、カッターで切り離しました。

日射センサーの切り欠き穴


助手席側、オートライトセンサー部は切り欠かれているものの、
位置的にズレが生じてしまいますし、マットが覆い被さるために、
非装着時よりも過剰に反応してしまいますね。

スイフトスポーツのオートライトセンサー

センサーの周囲を丸く切り取ってしまうことを検討しています。


ダッシュボードへの固定は、裏面に貼られたベルクロで行いますが、
最低限の4点のみとなっているため、各所で浮きが見られます。
要所要所でしっかり固定したいところですね。

裏のベルクロ留め

粘着力も強くはないので、頻繁に着脱するのなら、別のマジックテープに変更した方がいいと思います。


見た目はあまり良くないのですが、運転時の視界確保を考えると致し方なしでしょうか。

アールエム・オージーショップのダッシュマット

アールエム・オージーショップのダッシュマット

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック